【水族館の裏側のお仕事を公開】ローター式流量計の点検清掃
見出し画像

【水族館の裏側のお仕事を公開】ローター式流量計の点検清掃

仙台うみの杜水族館

みなさまこんにちは。
水処理チームのEです。
今回は水族館の裏側で活躍する「流量計」についてお話します。

水族館で流量計?「なんで!」と思われたでしょう。
流量計は、水槽ろ過循環装置の配管ラインに組み込まれています。
水槽の循環水量は、大きさによって各々決まっていて、
必ず流量計が設置されており、適正に水が流れているか測定しています。
また、流量計にはいくつかのタイプがあり、
今回はローター式の流量計について紹介いたします。

流量計、ローターフローセンサ

ローター式流量計の”ローター”とは羽根車のことです。
流量が多いほど羽根車が速く回転します。
羽根車の回転数を計測することで、流量に換算する事ができるように
なっています。

配管から取り外した羽根車


流量のアナログ指示計

ローター式流量計を長い間使っていると、飼育水の汚れや付着物等で
羽根車を汚してしまいます。羽根車が汚れると、羽根車の回転に影響を
及ぼし、正確な流量の測定できなくなってしまいます。
そのため、定期的に配管内から取り外して清掃し、
羽根車の動きを確認しています。

ちぎれたOリングと汚れた羽根車


羽根車の清掃作業


Oリングを交換し、きれいになった羽根車

今回はローターフローセンサ流量計について紹介しました。
次回は別タイプの流量計について紹介しますので、お楽しみに!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうございます!
仙台うみの杜水族館
宮城県 仙台市にある水族館です。海と人、水と人との、新しい「つながり」をうみだす水族館 を目指しています。飼育員が綴る日記と、たまにイベントのお知らせなどを更新していきます。http://www.uminomori.jp/umino/index.html