見出し画像

飼育員Aのホタルにっき

仙台うみの杜水族館

みなさまこんにちは。魚類担当のAです。
今回もホタルの現状報告をしたいと思います。

うみの杜ラボでのホタル飼育水槽

当館は2019年からゲンジボタル・ヘイケボタルの飼育・繁殖を行っていますが、今年も無事に産卵から孵化までの過程を行うことが出来ました。
順調とまではいきませんでしたが…

現在の孵化した幼虫たちは、ヘイケボタルは1.5㎜、
ゲンジボタルは1.0~5.0㎜程度までの大きさに成長しています。

ヘイケボタル・ゲンジボタルは多年羽化で、
1年で成虫になる幼虫もいれば2年、
又は3年越しで成虫になる幼虫もいます。
そのため、どれだけ食べるものがあっても殆ど食べず
あまり成長しない幼虫がいたり、
どんどん食べて大きくなる幼虫がいたりします。

餌に群がるゲンジボタルの幼虫


餌に群がるヘイケボタルの幼虫

今の段階での飼育内容は、水の交換と餌を与える作業なのですが、
今の時期の水交換がとても大変な作業になります。

ある程度大きく成長した幼虫であれば、それ程大変な作業ではないのですが、今の時期小さい幼虫は1.0㎜程ですので、
水換えする時に誤ってゴミなどと間違えて捨ててしまわないように
細心の注意を払って水換えをしなければなりません。
またゲンジボタル・ヘイケボタルは脱皮して成長していくので、
脱皮殻も水中に漂っています。
それがまた、脱皮殻なのか、生きている幼虫なのか見分けるのにも
判断が難しいです。

今年は、ゲンジボタルの産卵数が少なく、
理想とする幼虫数を維持する事はできておりませんが、今いる幼虫たちを
少しでも無事に成長させられるように、細心の注意を払いながら、
より良い飼育方法を模索していきたいと思います。

今成長している幼虫たちの状況は、また次回にご報告させていただきます。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!