見出し画像

イロワケイルカのライト

仙台うみの杜水族館

みなさま、こんにちは。
海獣ふれあいチームのAです。
今回は5月に鳥羽水族館からやってきた
イロワケイルカのライトを紹介します。

ライトは、2015年8月9日生まれの男の子です。

当館の環境にだいぶ慣れてきて、ボールで遊ぶなど活発にすごす様子が多くみられており、セーラとも仲良く暮らしてくれています。

現在、ライトは「ハズバンダリートレーニング」を頑張っています。
「ハズバンダリートレーニング」とは、
採血などの健康管理に必要な検査や、治療を行うために、生きもののストレスを軽減し、生きものと飼育員お互いの安全の確保を目的としたトレーニングです。

少しずつ少しずつ、段階を踏んで慣らしていき、
そしてたくさん褒めてあげることで、生きものもあまりストレスを感じることなく、健康診断や治療を行えるようになります!

具体的には、体重測定、爪切り、歯磨きなどたくさんあります。
イロワケイルカの他にも海獣ふれあいチームで担当している
ほとんどの生きものたちが「ハズバンダリートレーニング」を行っています!

ライトは、ボディチェックや採血の姿勢の練習をしています。
練習では、いきなり尾ビレなど掴んでしまうとびっくりしてしまうので
軽くタッチすることから始めます。
徐々に慣らしていき、今では背ビレまでさわることができています!

まだ集中力が長く続かないので、トレーニングの途中でセーラと追いかけっこを始めたりしてしまいますが、ライトのペースでのんびり頑張っていこうと思います!

水槽を直立ぎみに浮いているときは、トレーニングの時間です。

ライトの動きにぜひ注目してみてくださいね!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!