見出し画像

マイブーム

仙台うみの杜水族館

みなさまこんにちは。
海獣ふれあいチームのEです。
今回は、今年9月17日に誕生したオタリアの仔獣についての話題です。

当館で飼育するオタリアの雌のカルーアと雄のチェンとの間に産まれた
初めての赤ちゃん。

チェンとカルーア

体重は10.66 kg(生後3日)から26.0 kgを超すほどまでに成長しました。
誕生して間もない時期のしわしわボディーから、
徐々にむちむちボディーへと変貌を遂げつつある今日この頃。
最近では、さらに興味の対象が広がり、
さまざまなものに惹かれるようになってきました。

そのなかでも、赤ちゃんが特にお気に入りの場所やものを3つご紹介します。

お気に入り その①

カルーアが普段過ごしている獣舎の排水溝に繋がる「溝」
高確率でこの溝でお昼寝します。

お気に入り その②

「掃除用ホース」
毎日の掃除で使う水色のホースがあるのですが、
この世界で初めて遊んだものであり、
目に触れる機会が一番多かったものでもあるためか、
おもちゃにされてしまう道具のなかでもよく気に入っているようです。

お気に入り その③

「展示場のプール」
展示場にいる時間はほとんどプールで過ごしています。
展示デビュー直後の頃は、上陸したカルーアの後を追う等、
1頭では心細いのかな?と感じる場面もみられましたが、
最近はプール内での行動範囲が広がり、カルーアが展示場を離れても
お構いなく悠々と泳ぎ続けます。
バックヤードに帰ってほしい飼育員とまだまだ遊び足りない赤ちゃんとの
攻防戦は今日も続きます…

自分の後肢をはむはむしてます。

今後どのような対象に興味をもつか、
はたまた飽きて興味を示さなくなるのか、
日々成長を重ねるこれからがとても興味深いです。
毎日のように接するなかで、間近で成長を感じられる
今の時間を大切にしながら、カルーア親仔を見守っていきたいです。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!